インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。