インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目され

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。