インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんなケースであっても、インプラント治療を受け

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。