インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。