インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。