インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントを埋め込んだ後、その

インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。