インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

重度の虫歯になってしまい、とうとう

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。