インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは決して虫歯になりませんが、お

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。