インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバッ

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。