インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。