インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。