インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。