インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

新たな歯科医療の形として注目されている

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。