インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのが

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。