インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくる

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。