インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が難しいとされる最大の理

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。