インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使う

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。