インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現在、インプラントの人工歯根は

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。