インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにも入れ歯がしっくりこな

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。