インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは歯根部がチタン製である

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。