インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよく

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。