インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。