インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医でインプラント治療を勧

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。