インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。