インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くの方にとって、インプラント

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。