インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。