インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。