インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラン

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。