インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わる

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。