インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。