インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

チタンでできた人工歯根をあごに埋

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。