インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。