インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い治療期間を経てやっとインプラントが

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。