インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。

ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。