インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。