インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術に

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。