インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技術となった今日

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。