インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメ

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。