インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな歯科治療でも費用は気になりま

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。