インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。