インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

今のところ、インプラントの歯根部は

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。