インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼ

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。