インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、イン

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。