インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。