インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近話題になることも多いインプラン

最近話題になることも多いインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。

注意してください。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。