インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプラント治療

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。