インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前にチェ

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。