インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を検討している方、大事なのはどのよう

インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。