インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。