インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

気になるインプラント手術の内

気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。